オールアバウト生活館 初めての方へよくある質問サイトマップ掲示板お問い合わせ管理人紹介更新記録
オールアバウト生活館 健康食品(医薬品とサプリメント) (現在地)
食品・食料・グルメ

医薬品とサプリメント

 通常サプリメントと呼ばれるものは、古来より経験的にその効能が認められているものが多数ありますが、医薬品のように厳密な医学的試験でその効能を確認されてはおりません。医薬品とサプリメントの違いをよく理解して活用するようにいたしましょう。

 法律的には医薬品と健康食品(サプリメント)との区分は明確に区別されています。医薬品は厚生労働省の審査を受け、特定の医学的効果、効能が認識された場合に限り、製造および販売の許可が与えられた製品です。その審査内容は多岐に亘り、薬の効果ばかりでなく安全性や副作用などの基準を完全にクリアーしたものだけが合格して効果・用法・用量を明記して販売することができるようになります。

 多くのサプリメントでも見た目は医薬とおなじような錠剤やカプセルになっていますが、あくまで栄養補助食品なので特別な審査は必要としておりません。逆にいえば、サプリメントには医薬品のような効能や用法・用量を表示したりすることはできません。サプリメントでガンが完治するとか糖尿病に効くなどと表示すれば、それは薬事法違反となり処罰の対象となります。

巷には、ガンや糖尿病に効いたというような健康食品が多数販売されているのも事実です。そのような話を鵜呑みにするかどうかは自己責任ということになりますが、正確な評価を受けたものではないため、その多くは眉唾ものだと考えられています。サプリメントはあくまで栄養補助剤であって、治療を必要とする病気に罹った場合には病院での治療を受けるべきです。サプリメントに病気を治療する力はありません。

薬とサプリメントの違い
関連法令  医薬品(薬)は薬事法で厳密に定められていて、飲んだり、塗ったり、注射するなどにより、人や動物の病気を診断・治療・予防を行うための物質です。医薬品は、医療用医薬品と一般用医薬品とに大別されます。

 医療用医薬品は、医師の処方箋などで供給されたり、医師または医師の指示により使用される医薬品です。一方、一般用医薬品は、薬局・薬店で誰でも購入できる、医療用医薬品として取り扱われる医薬品以外の医薬品です。

 薬はその効果・効能を表記することができます。また、薬は具体的な服用時期や服用量を表示することができます。

サプリメント  サプリメントという言葉は、英語で「補うこと」を意味する「supplement」をそのままカタカナ表記した言葉で、食事では摂取しきれない栄養成分などを補うというような意味があります。

 アメリカでは、サプリメントは「サプリメント健康・教育法」という法律で「医薬品」と「食品」の中間的存在として明確に定義されています。しかし、日本ではサプリメントは「単なる食品」として分類されているため、いわゆる健康食品市場には、優良な商品から悪質な商品までが混在しています。

期待効果  薬は、効果・効能・効き目を重視し科学的根拠、臨床試験に基づいて作られ、国から承認されているので、疾病の治療に対して確実で即効的な効果があります。しかし、その反面で使用法には医師の指示が必要であり、また副作用を伴う事もあります。

サプリメント  サプリメントは、薬のような特定の疾患に対して治療できるような効果はありません。あくまで、健康維持や健康増進が目的であって、その効き目は緩やかで、長期間使用してみて、効いているかも知れないと感じる程度のものが多いです。サプリメントは直接的に疾病を治すものではありません。

 サプリメントは薬ではないので、その効果・効能を表記することは許されません。また、サプリメントは、具体的な服用時期や服用量も表示することもできません。

使用の選定者  薬は、基本的に疾病を治療するためのものなので、医療用医薬品であれば、医師が相手の訴えや疾病に対し処方します。また、一般用医薬品であれば普通の人が薬局で自由に購入することができますが、薬局には必ず薬剤師がいて、必要に応じて相談することができます。

サプリメント  サプリメントは薬ではなく、単なる食品の一つとして定義されるので、消費者が自由に選び摂取することができます。サプリメントには明確な効能はないので、病気を治療するためではなく、あくまで健康維持や健康増進のためにだけ使用されます。

服用期間  薬は何らかの医学的問題に対して使用されます。高血圧の治療薬のように慢性的に服用を必要とするものも多数ありますが、一時的な病気に対してなら、服用期間はその病気が治癒するまでの限られた期間ということになります。

サプリメント  サプリメントには特定の服用期間というものはありません。通常は健康維持や健康増進の目的で日常的、長期的に摂取して緩やかな効果を期待します。


サプリメントの分類
食品としての分類
 サプリメントの正式な定義は存在しませんが、便宜上、特定保健用食品(トクホ)・栄養機能食品・健康補助食品の3つに分類されることがあります。

 これらの中で、特定保健用食品と栄養機能食品は保健機能食品と呼ばれ、いわゆる「健康食品」のうちで、国が安全性や有効性を考慮して定めた規格・基準を満たすものとされています。

特定保健用食品  身体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含み、特定の保健的目的を期待できる食品を特定保健用食品といいます。これらの食品は、安全性・有効性、期待できる効果・効能には科学的根拠が必要であり、個別に厚生労働省の審査を経て許可が必要ですが、効果や効能を表示することができます。

栄養機能食品  1日に必要な栄養素が不足した場合などに摂取する、栄養素の補給を目的とした食品のことを栄養機能食品といいます。ビタミン・ミネラルなど14種類の栄養成分が含まれており、厚生労働省が設定した上限値・下限値の範囲内であれば、申請や審査は不要で発売・販売することができます。

健康補助食品 健康補助食品健康補助食品とは、(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)が認定した健康食品のことで、JHFAマークを表示することができます。健康補助食品の種類には、タンパク質類から、ビタミン類、ミネラル類、脂質類、糖類、キノコ類、ハーブ等、藻類、発酵微生物類などがあります。

目的別の分類
 サプリメントを機能で分類することがあります。サプリメント機能別分類として、ベースサプリメント、ヘルスサプリメント、オプショナルサプリメントの3つに分類されます。

 基本的に、サプリメントを摂取する優先順位は、次のようにするのが好ましいとされています。

 「ベース」→「ヘルス」→「オプショナル」

ベース
サプリメント
(栄養欠損補充)
 ベースサプリメントは、ビタミンやミネラル、食物繊維など、人間が健康的生活を送る上で必要不可欠な成分を補うのが目的のサプリメントです。本来は食事で摂取すべきものではあるのですが、近年のいろいろな食事事情で、ややもすると不足する栄養成分であるので、このようなサプリメントが必要とされ、日々継続的にとることで効果が高まります。

 代表的なベースサプリメントには、マルチビタミン、マルチミネラル、乳酸菌、食物繊維、コラーゲン、プロテイン、レシチン、などがあります。

ヘルス
サプリメント
(健康維持・増進)
 ヘルスサプリメントは、身体の体調調整機能に係わる栄養成分を含むサプリメントです。免疫力や抗酸化力などを助けて、健康の維持・増進に役立ちます。

 代表的なヘルスサプリメントには、青汁、発芽玄米、大豆イソフラボン、アロエ、プロポリス、ローヤルゼリーなどがあります。

オプショナル
サプリメント
(改善目的)
 オプショナルサプリメントは、特定の臓器や器官の不調や症状の改善を助ける成分が含まれるサプリメントです。医薬品に近い性質のサプリメントなので、医師や薬剤師に相談することが好ましいです。

 代表的なオプショナルサプリメントには、セントジョーンズワート、マカ、イチョウ葉エキス、エキナセナ、高麗ニンジンなどがあります。