オールアバウト生活館 初めての方へよくある質問サイトマップ掲示板お問い合わせ管理人紹介更新記録
オールアバウト生活館 健康食品(血液サラサラ食材:玉ねぎ) (現在地)
食品・食料・グルメ

玉ねぎ

玉ねぎ 人参 かぼちゃ ごぼう ネギ
ジャガイモ サツマイモ 山いも キャベツ 芽キャベツ
白菜 小松菜 モロヘイヤ あしたば カリフラワー
ほうれん草 春菊 クレソン 三つ葉 枝豆
ブロッコリー レンコン コンニャク トマト ピーマン
オクラ パセリ ニンニク ニラ 生姜
アスパラガス キノコ類 干し椎茸 ゴマ 唐辛子
柚子 ドクダミ プルーン グレープフルーツ マスクメロン
アボガド バナナ リンゴ ナッツ類 ココア
大豆 味噌 納豆 高野豆腐 黒豆
オリーブ油 赤ワイン ブルーベリー 切り干し大根
緑茶 蕎麦 発芽玄米 寒天・トコロテン ヨーグルト
海藻類 貝類 いか・たこ 青背の魚 鯛・鱈
マグロ サケ カツオ エビ サクラエビ
牛肉 豚肉 鶏肉 鶏卵 牛乳

 玉ねぎはネギ科の多年草で、鱗茎が食用として供されます。生の玉ねぎにはかなりの甘みもあるのですが、強い酸味と香味とがあります。玉ねぎの辛味は加熱するとなくなり甘みがでてきます。玉ねぎは、カレーライスやグラタン、スープ、肉じゃがなどの煮込み料理や鍋料理、味噌汁の定番素材として愛用されています。

 玉ねぎを包丁で切ると、目や鼻の粘膜に刺激性の強い硫化アリルが気化して涙がでます。この硫化アリルは体内でアリシンという物質に変化します。このアリシンには血栓を予防し血液をサラサラにしてくれる優れた効果があります。玉ねぎを切るときの涙がでなくする方法は、水道水を出しながら切るといいのですが、玉ねぎをあまり長く水に浸けると重要な栄養成分のアリシンを失ってしまいますので手早くやりましょう。

 玉ねぎは人にとっては美味しい食材ですが、犬や猫などの小動物が食べると、玉ねぎに含まれる硫黄化合物によって中毒を起こし、血液中の赤血球が破壊されて重病になることがあります。ペットに玉ねぎは鬼門です。

血液サラサラ食材:玉ねぎ
原産地・歴史  玉ねぎの原産地は中央アジアとされています。玉ねぎの栽培の歴史はとても古く、既に紀元前のエジプト王朝時代には食されていたようです。地中海沿岸に伝わった玉ねぎは16世紀にアメリカに伝えられました。

 日本では、江戸時代に長崎に伝来しましたが主に観賞用として使われ、食用となったのは明治4年に札幌で試験栽培されたのが最初とされています。

 玉ねぎの種類としては、辛味の強い黄玉ねぎが最も多く栽培されています。最近では、水分を多く含み甘みの強い白玉ねぎや、サラダなどとして生でもおいしい紫玉ねぎなども多くなりました。玉ねぎの種類により、味は多少異なりますが、栄養成分の含有量などはさほど違いはありません。

主な栄養成分  玉ねぎの栄養成分は、ブドウ糖、蔗糖、果糖などの糖質で、その他にビタミンCなども含まれた居ます。玉ねぎ1個(約200g)当りの栄養成分は、カリウム 300mg、ビタミンC 16mg です。

主な効用  玉ねぎの成分である硫化アリルは体内でアリシンという物質に変化します。このアリシンにはコレステロールの増加を抑制し血栓が出来るのを防止する作用があります。このため、玉ねぎは動脈硬化や脳血栓、脳梗塞、高血圧などの予防に優れた効果を発揮します。

料理のコツ  玉ねぎは水に触れると栄養成分のアリシンが流れ出てしまいます。玉ねぎを料理するときは、水に浸ける時間はごく短時間にしないといけません。また、加熱してもアリシンは無くなってしまいます。

 玉ねぎを切ってから、15分間くらい放置しておくと、過熱しても栄養成分が壊れにくくなります。これが玉ねぎ料理を作るコツです。