オールアバウト生活館 初めての方へよくある質問サイトマップ掲示板お問い合わせ管理人紹介更新記録
オールアバウト生活館 語学・教育(英語の諺集) (現在地)
語学・教育

英語の諺集

 「所かわれば、品かわる」というイディオムや諺がある。英語に限らず、どの世界にも、その土地特有の言い回しがあって、結構楽しいものです。このページでは英語と日本語の諺を紹介しますので、言い方の違いなどをお楽しみください。

英語の諺とその意味合い 同義の日本の諺
【 There is no place like home. 】

・我が家にまさる所なし。
・どこに住んだところで、結局帰りたくなるのは我が家である。人間だれでも、結局は家庭にまさる所なしということ。

【 住めば都 】
【 Preventions is better than cure. 】

・治療より予防が勝る。
・問題が起こってから解決するのは困難。問題が起こらないように予防する方が大切ということ。

【 転ばぬ先の杖 】
【 A picture is worth a thousand words. 】

・一枚の絵は千の言葉に値する。
・多くの言葉で話してもなかなかうまく伝わらない。具体的な姿形を見ることは説明以上に分かりやすいということ。

【 百聞は一見にしかず 】
【 You never miss the water untill the well runs dry. 】

・井戸が涸れるまで水の大切さに気づかない。
・とても大切な人や物は、失って初めてその大切さに気づくということ。

【 親孝行、したい時には親はなし 】
【 Bad news travels fast. 】

・悪い噂はすばやく伝わる。
・いい話よりも悪い話の方が早く広まるということ。

【 悪事千里を走る 】
【 The best of friends must part. 】

・最上の友の間にも別れが来る。
・真の友達は得がたく、そしてきっと別れのときがくるということ。

【 逢うは別れの始め 】
【 The farthest way about is the nearest way home. 】

・最も遠い道のりが一番の近道である。
・急ぐあまり大切な手順を省くとかえって失敗する。急ぐときこそ丁寧に物事を進めよということ。

【 急がば回れ 】
【 The bread never falls but on its buttered side. 】

・パンが落ちると、バターを塗った側が決まって下になる。
・不運なときに限って、なぜか悪いことが重なってしまう。間の悪いことは連続して起こりやすいということ。

【 泣き面に蜂 】
【 Actions speak louder than words. 】

・行動が言葉よりもより語る。
・言葉では何でも言えるが、行動することこそが大切だといういみ

【 不言実行 】
【 Better to ask the way than go astray. 】

・道に迷うよりも、道を尋ねる方がよい。
・わからないこと、知らないことは、素直に知っている人に訊ねるのがいいということ

【 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 】
【 Too many cooks spoil the broth. 】

・料理人が多すぎるとスープがだいなしになる。
・必要以上に多くの人間がかかわると、仕事はかえってうまくいかなくなってしまうということ。

【 船頭多くして船山へ上る 】
【 All work and no play makes Jack a dull boy. 】

・遊ばないで勉強ばかりしていると、子供は愚鈍になる。
・息抜きもなしに勉強ばかりしていると、かえって効率が悪くなり身に付かなかったりするということ。勉強にも仕事にも気晴らしが必要だということ。

【 よく学びよく遊べ 】
【 Time and tide wait for no man. 】

・時と潮の満ち引きは誰も待ってくれない。
・どんなことが起ころうとも、時は無常にして非情に過ぎて行くものであるということ。

【 歳月人を待たず 】