HOME アメリカ生活館 PC版へ移動現在:スマホ版
 
アメリカ合衆国憧れのアメリカアメリカ移住アメリカ日常生活アメリカ会社生活
車社会アメリカアメリカ旅行アメリカ事件アメリカお金の話アメリカ言葉
 
アメリカ移住

日本国内での準備
アメリカ荷物発送
アメリカへいざ出発
アメリカ到着
住む家を探す
アメリカ居住手続き
ライフライン設定
通信環境確立
当面の移動手段確保
日本からの荷物到着
家具・家電を揃える

〔家具・家電を揃える〕





家具・家電を揃える

ベッド


〔ベッドのサイズ〕

 ベッドには、いろんなサイズがあり、日本式、アメリカ式でも寸法がそれぞれ異なります。アメリカのベッドサイズと日本のベッドとは呼び名も、実際のサイズも、飾りつけの方法も違います。各サイズの標準的大きさの例を示します。

〔日本式ベッドサイズ〕
 ・シングルサイズ  幅98cm * 長さ195cm
 ・セミダブルサイズ 幅122cm * 長さ195cm
 ・ダブルサイズ   幅140cm * 長さ195cm
 ・クイーンサイズ  幅160cm * 長さ195cm
 ・キングサイズ   幅194cm * 長さ195cm

〔アメリカ式〕
 ・ツイン      幅99cm * 長さ190cm
 ・フル       幅137cm * 長さ190cm
 ・クイーン     幅152cm * 長さ203cm
 ・キング      幅193cm * 長さ203cm

 ツインベッドというと二人用かと思ったりしますが、これは主に子供向けの一人用です。フルサイズは、おとな一人用の一般的サイズです。クイーンサイズとキングサイズはおとな二人用、カップル用という使い分けが普通です。

 アメリカではどのサイズも無垢の木を使っているのが普通で、非常にがっしりしていて重いのが特徴です。私は帰国時に日本に持ち帰りましたが大き過ぎ、重すぎるので結局、廃棄しました。


〔マットレス・毛布・ふとん〕

 アメリカのベッドに日本のふとんを直接敷いただけでは、布団下にかなり隙間空間ができるために冬季の夜はとても冷え込みます。やはりアメリカのベッドには厚手のマットレスが必須でアメリカ式のベッドメーキングが必要です。

 アメリカでは、それぞれのベッドタイプに相当する毛布やシーツ、蒲団などが売られてはいますが、日本の様な肌さわりがよく、厚手で温かみのある「毛布」は絶対に入手できません。毛布だけは日本から持参する必需品の一つです。

 ふとんは、「FUTON」の名称で販売されている場合があります。一般的な日本のふとんに比べて、綿の使用料がとても多く暖かいですが重いです。



家具・電化製品


〔アメリカの掃除機〕

 どれも大型、日本人には使いにくい、絨毯用は相当強力でないときれいにならない。私の妻は掃除機を2階に持上げることが出来ず掃除機の移動は私の仕事になっていました。日本の掃除機は小型でも強力なので出来れば持参するのがよいでしょう。私の場合、3年間はアメリカの掃除機で我慢していましたが、とうとう我慢できなくなって、バカンスで日本に一時帰国した際日本の掃除機を持ってアメリカに帰りました。これでやっと満足のいく掃除ができるようになりました。皆さん、アメリカに転勤するときは必ず大きめな掃除機を持って行くようにしましょう。掃除機のゴミ回収袋も当面は20枚位は必要ですので忘れないようにして下さい。


〔アメリカの電子レンジ〕

 アメリカでは電子レンジのことをマイクロウエーブと言います。また、電気コンロのことをストーブと言います。私はアメリカに転勤して数日のとき、まだ自宅が見つからずホテル住まいをしておりましたが、そのとき日本から出張できていた知人を共に近所のセブンイレブンに行きました。電子レンジを使いたかったのでこれを Electric Rengi とか Warm up machine とかいろいろ表現したのですが、どうしても通じませんでした。店員は最後に私達が暑がっているのと勘違いして何と超巨大な食品用の冷蔵庫の中に案内してくれました。言葉が思う様に通じない歯がゆさを痛感したものです。


〔冷暖房ケチケチ作戦〕

 アメリカにはこたつはありません。日本のこたつを持って行くと大変便利ですし、また大変効率的です。アメリカでは冷暖房は家全体が対象で部屋毎の冷暖房はできないのが普通です。

 但し、冷暖房はプログラム式になっている場合が多いので、時刻によってプログラムします。夜ベッドに入る時間帯の1時間位前に少し温度を上げておき眠る頃には少し下げます。朝方の日の出直前に気温が下がるのでこの時間帯に少し高めに設定しておくとよく眠れます。

 ニューヨーク近辺では夏でも湿度が低いので気温の割には非常に過ごし易いです。また、冬は気温がマイナス10度Cにもなりますが、殆どが車の生活なので寒さを殆ど感じません。夏冬を通して非常に過ごし易い土地柄です。


〔コンセント〕

 アメリカのコンセントは普通115ボルトですが、電圧以外でも日本のコンセントと較べて大きな違いがあります。コンセントの2本の足の大きさが異なるのです。一方の足はアースに落ちていて実際の電圧はかかっていません、電気冷蔵庫や電子レンジなどの電気設備のケース側は実際にこのアース側に接続される様になっています。このため感電の心配は全くありません。もう一方の足は実際に電圧がかかっています。この点では日本より安全対策がよくできているといえます。  日本でも最近新築の家の場合にはコンセントだけそうなっている場合がある.


ページのトップへ戻る

おみくじ占い館おすすめカラオケ愛唱館

アマゾン商品

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)
ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー (朝日新書 68)
サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー)

ページのトップへ戻る