HOMEアメリカ生活館 現在:PC版スマホ版へ移動 おみくじ占い館おすすめカラオケ愛唱館
アメリカ合衆国憧れのアメリカアメリカ移住アメリカ日常生活アメリカ会社生活
車社会アメリカアメリカ旅行アメリカ事件アメリカお金の話アメリカ言葉
 

〔アメリカ合衆国〕


 アメリカ合衆国は、通常は単に 「アメリカ」と呼ばれることが多い国です。アメリカはよく「民族の坩堝」などといわれますが、言うまでもなく多民族国家です。

 毎年、世界中のどこからでもとても多くの移民たちが入ってきています。特に最近ではメキシコなどからの人々の違法流入が激しく、ヒスパニック系移民が多くなりました。


 アメリカに来たばかりの頃は、周り中がアメリカ人だと感じて、白人、黒人、ヨーロッパ系人種、アジア系人種等いろいろな人種が気になって仕方なかったものです。

 しかし、半年もするとこれが当たり前と感ずる様になります。日常生活でもこちらも普通のアメリカ人の一員として生活できる様になります。


アメリカ合衆国

アメリカンドリームを実現する多民族国家

多民族国家アメリカ

 今や、いわゆる白人はメジャーからマイノリティー(少数派)に転落しそうな状況となってしまいました。アメリカでは、英語が標準語ですが、現実には世界中のどの国の言葉も使われています。中でも、ヒスパニック系住民を主体にしたスペイン語もとても頻繁に聞かれます。

 アメリカでのビジネスの場面でも、一番使われる言葉は勿論英語ですが、二番目はスペイン語、三番目は日本語、四番目は中国語という調査結果があります。日本人のアメリカ移住派は多くはありませんが、ことビジネスとなると日本人はアメリカで頑張っているのです。

 私が働いていたアメリカの会社は日系企業のアメリカ事業所のひとつでしたが、何と200名ほどの従業員のうち、25か国出身の人々が働いていました。英語を共通語とするもののいろいろな言語が使用されていました。

 大勢の参加するクリスマスパーティ等はいろいろな言葉が飛び交っていました。私の会社では全て英語を共通語としてやっていましたが、知人の話では会社によっては、作業指示等を徹底させるために同じ言語を話す人々を集めてグループを形成し、作業指示などの徹底を図りながら作業させるような会社も多いそうです。

アメリカンドリーム

 アメリカ人の大部分は自分の祖先や、自分自身が他の外国から移住してきた人達の集団です。元々の原住民であるアメリカインディアンの子孫たちも勿論おりますが、いまや彼等はマイノリティー(少数派)にすぎません。他の国から移住してきたばかりのアメリカ人も、ここで生まれたアメリカ人も特に区別されることなく仕事を探し、就職することができます。

 ここでは土地の値段は日本の1/20~1/100程度なので、アメリカに移住してきて5~6年で小さいながらも自分の家を購入することができるのです。何でも高い日本人にはとても羨ましい話ですがこれは現実の話です。見かけの給料は日本人の標準から見ればかなり低く見えますが、見掛けの給料が低くとも、それ以上に物価が安く実質日本の1/3ほどのお金で何でも購入できます。それを考えれば、アメリカ人は大変に豊かだということになります。

アメリカコンプレックス

 日本人はとかく、良くも悪くもアメリカ人に対してコンプレックスを持っていますが、アメリカ人側にはそれほどの優越感などはないようです。特にそれが日本人で、それなりの地位もありきちんとした身なりをしていれば、アメリカ人は尊敬こそすれ差別的な感情は表に出すことはありません。

 「きちんとした身なりスーツ姿で、白いワイシャツとネクタイをしていれば、それは単なる労働者ではなくそれなりの人物と分かるので、それだけで一目おくんだ」と。


ページのトップへ戻る