オールアバウト生活館 初めての方へよくある質問サイトマップ掲示板お問い合わせ管理人紹介更新記録
オールアバウト生活館 趣味 (現在地)
趣味・蒐集

趣味

 趣味とは、自分が生計をたてるための職業、仕事以外に余暇や安息時間を利用して行う事柄やその対象のことをいい、余技、ホビーなどどもいわれる。簡単にいえば自分の楽しみのために行う行為であって、そのためには多少ほかのことを犠牲にしてでも行う場合がある。趣味というものはとても主観的なものなので、本人がそうだと思う活動であればどんなことでも趣味だといってもよい。

 一般に、趣味はその趣味を楽しむ本人にとってはとても重要なものであり、それに掛かる費用などを一定の範囲内で無視してでも行う傾向がある。極端な人になると、ひたすら趣味を楽しむために働き、サラリーの大部分をこの趣味に注ぎ込むようになる。

 時には趣味を楽しむことで人助けができたり、何らかの報酬がもらえたりする場合もあるが、その趣味はあくまでも自分の余暇を利用した楽しみのために行うものであって、報酬のためにするわけではない。このような趣味では、通常は多少の報酬があったとしてもどちらかといえば赤字である場合が多い。あくまでも趣味を利用した人助けだからである。

 稀なケースでは、事業で大成功したような人が、趣味で集めた美術品や骨董品を他の人にも楽しんでもらおうという趣旨で美術館などを運営する場合もある。これ自体はとてもコストを回収できるものではなく、やはり趣味というべきものである。また、いわゆる趣味が高じて、本格的なお店を持ったりする人も現れる。たとえば、蕎麦打ちを趣味でやっていて、それが高じて名物蕎麦屋さんを始めたというような例はよく聞くところである。

 趣味は自分ひとりで何かを蒐集したり、鑑賞したり、製作したりして、密かに楽しむ場合も多いが、一方で「ゴルフ愛好会」「歩こう会」「カラオケクラブ」などのスポーツや文化・社会活動など同好の志が集まって行うものも多い。このようなものは一般的に「同好会」と呼ばれている。

 商売として本格的にする仕事はプロといい、趣味で楽しむようなものはアマチュアということが多いが、趣味の中でもそれを極めた人たち、極めようと願う人たちの場合には、レベルの高いものもある。英語などのカルチャースクールや踊りの教室、趣味の料理、お茶の会などがそのような分類に属するだろう。

 尚、趣味に近い言葉の中で、ファンやマニア、オタクというものがある。ファンという言葉は特定の芸能人が好きでたまらない、その芸能人に熱狂的であるという人たちが作る緩い集団で特に暗いイメージはない。しかし、マニアとかオタクという言葉にはちょっと後ろめたいニュアンスも加わって、やや暗いイメージがつきまとう。

 このコーナーでは趣味というものをいろいろな角度から研究してみようというものである。趣味は人それぞれなので数限りなくあるのですが、とりあえず、一般的に行われている趣味にはどんなものがあるのかリストを作ってみました。

趣味の種類 趣味の内容 趣味活動の具体例
コレクション 骨董品 何でも鑑定団などが大好き人間で、もうその一員であるくらい知識がある。
映画DVD アメリカSF映画なら何でも集めるなどの趣味である。
音楽CD 自分が水樹奈々ファンならキリもなく奈々ちゃんグッズを集めるのだ。
ミニカー マニアックといわれようと、マツダのミニカーだけを蒐集するのだ。
   
音楽 ボーカルヴォーカル いま大流行のアカペラをやっている。
ボイストレーニング カラオケが上手になる会。音痴矯正などの訓練など。
カラオケ 歌うだけじゃ物足りない。歌詞を十分に研究して歌詞とリズムと歌うこととを楽しむレベルである。
ピアノ 時間があればピアノに手がいってしまう。クラシックが聴けなければ生きていけないのだ。
ギター 演奏し、歌って、ときにチャンスがあれば、コンテストに出たりする。
ドラム 町内などでお祭りなどの大きなイベントがあればいつも主役になる。
サクソフォン これは重厚なイメージが強いので、こだわりのある人に向いている。
フルート 比較的飄々とした人がやる趣味である。静かで心のしっかりした人がやっている。
ウクレレ ハワイに行きたいなあ。。。そんな人がやるのだ。
ハーモニカ 幼稚園生のとき習ったね。うさぎ追いしかの川。。。
大正琴 熟年女性というか、老人会女性部の面々が真剣にやっている。
これはちょっとハイレベルな女性に向いている。ちょっと大きな楽器ながら和服の若い女性が演奏すればそれだけで様になる。
三味線 三橋道哉のように弾けて歌えれば最高なんだが、中々そこまでは到達しない。でも頑張るのだ。
民族楽器 オカリナとか何とかでちょっと異国の雰囲気を味わえるのがいい。
作詞作曲 本当に凝る人になると作詞し作曲してしまう。結構名作ができるのである。町内会のイベントでは自分で演奏して歌ったりするのが何よりの楽しみとなる。
音楽ダウンロード インターネットから自分の好きな音楽をダウンロードしてCDに録音したりする。音楽を聴くのが趣味なのか、それとも音楽を無料でダウンロードして録音するのが趣味なのか分からなくなる。
   
映像関係 映画鑑賞 とにかく、朝起きるとテレビ番組覧を見て、今日の映画は何かなとチェックから始める。映画が好きで暇があれば映画を楽しむタイプである。
ドラマ鑑賞 昔はおしんが好きだったが、最近は韓国ドラマにはまってしまった。韓国の純愛ものとか宮廷ものには一種の懐かしさがあって楽しめるからだ。
映像制作 最近は流石に20ミリとかいうのははやらないが、いきなりDVDに録画できたりするので、子供の幼稚園でのお遊戯会や発表会風景はDVDに記録する。
アイドル応援 自分がファンをしているアイドルが出演するものならどんなことを犠牲にして見に行く。グッズも蒐集する。
動画配信 自分で作った記録映画?をみんなに配り歩くのが趣味なんだから。。。
動画ダウンロード ちょっと後ろめたいものもあるんだけど、ネットから動画をダウンロードしてひたすら楽しむのだ。
   
スポーツ関係 ゴルフ 自分の腕前よりもどちらかといえば、ゴルフの薀蓄の方が遥かにレベルが高いのがアマチュアのゴルファーである。
テニス 若いときから磨いた腕前はシニアになっても結構楽しめる。何よりも健康のためにいいから最高だ。
サッカー 流行ってる。趣味が高じて、少年サッカーチームの監督になったりする人がいる。
野球 草野球、少年野球と愛好者は最高に多い。甲子園のころになると俄かに忙しい。家では衛星放送で大リーグの実況中継にかじりつく。
ランニング 運動しないと体が勘弁してくれない。旅行に行こうが雨が降ろうが毎日10キロは走らなくては体がなまってしまうと不安に駆られる。
ダンス 趣味とはいえダンスの種類はフラダンス、ストリートダンス、バレエ、ジャズダンス、ヒップホップ、タップダンス、ミュージカル、タンゴ、サルサ、フラメンコと凄く多い。年代が上になるに従い女性の方が生き残る率が高い。もてすぎて男性はだんだん体が持たなくなる。
乗馬 これはセレブだけに許された趣味である。乗馬を趣味とする人は収入がメッチャ多いとか、財産家だとか高いステータスが自慢である。
登山 体力に自信があってどこででも生きていけそうな人に向いている趣味だが、遭難の危険があるのでいろいろと整理してから出かけるのがいい。
ダイビング これは怖いだろうなと思うが、趣味にする人もいるんだねえ。
スキー まあ、趣味ともいえないが。。。
スケート これも趣味というほどのものじゃないが、最近、愛好者が増えている。でも高いんだよね、リンクの使用料金。
スノーボード これはよくわかんない。
ビリヤード ハスラーになった気分が味わえるのがいい。自分を本来のステータスより高めてくれる錯覚が楽しいとかいう。
   
絵画陶芸関係 絵画 絵画といっても、油絵、水彩画、日本画、水墨画とある。本格的に極めようとすると相当な努力と体力が必要になる。
絵手紙 ばあちゃんスペシャル的な趣味である。ちょっと元気なおばあさんがお友達に手紙をだしあう。ほんわかとした楽しさがあるのだとか。。。
陶芸 これは凝るととっても嵌まり込む趣味なんだ。お皿だとか茶碗だとか何でもどんどん完成して楽しいのだが、もらってくれる人を探すのが大変なんだ。作品の置き場との戦いも趣味の内なのかも知れない。
   
文字の上達関係 書道 毛筆書道のことで、この趣味は町内会のお祭りなどの際に寄付の受付係りなどとして存分に生かされる。
カリグラフィ 西洋書道ともいうらしいが実際のところよく分からない。
ペン字 最近はパソコンが主流になってしまったけれど、年賀状など手書きの手紙は嬉しいから、これはいい趣味といえる。
ボールペン字 綺麗な文字を書けるとそれだけで嬉しくなるからこれもいい。字を書き付けると頭の老化防止には抜群の効果もあるらしい。
   
ゲーム遊び関係 囲碁 どの町内にもたいてい囲碁愛好会があるんだよね。定年退職して家にいるのが邪魔になると、ばあさんが弁当を持たせてくれて碁会所へ送り出すんだよね。これって嬉しいやら侘しいやら。。。
将棋 これは囲碁と違って戦いの雰囲気が強いげーむだ。最近はコンピュータ将棋が強いので、やがては人は勝てない時代がくると思うと悔しいのだろうね。
オセロ 日本人の発明によるボードゲームで愛好者は結構多い。囲碁や将棋よりも勝負が簡単だから子供でもやれるのがいい。
マジック手品 これを身に着けておくと何かの席できっと役にたつ。この趣味は初級から最高度までいろいろあって面白いらしい。
   
文芸関係 短歌俳句 駅の待合所などにときどき貼ってある。待合時間を潰すのに読むのも楽しい。愛好会ではちょっとした旅に出て短歌や俳句を創ることも多いので、旅の方も楽しめるのが嬉しい。
随筆 本当に書き物が好きな人がこれを楽しむ。最近は本を出版したい人ばかりだから結構競争も激しいものがある。もっとも自費出版だったらいつでもどうぞ。。。
童話紙芝居 童話や紙芝居は懐かしいよね。こんなのを創作できる人はきっといい人なんだと思う。
   
癒し関係 アロマテラピー ストレスの多い時代、お家で静かに心を癒してくれるのがアロマテラピーなんだね。いろんな種類があるので自分の求める癒しに応じて楽しむことができる。
お茶 お茶は流派があってその免許皆伝になるまでは大変らしい。でも一生楽しめる趣味だからいいよね。
お花 ちょっと気取った女性がお花をいける姿には一種の伝統と風格を感じる。これも生涯続けられる趣味だからいい。
ヨガ ヨーガともいうこの趣味は最近静かな流行になっている。瞑想だけじゃなくて、猫のポーズだとか、屍のポーズなんていうのがあって、結構楽しそうなんだ。歳を取って両膝がしっかりくっつかなくなると、そろそろお迎えが来るのだとか。。。
占い これもいろんな種類があるよ。星占い、タロット占い、姓名判断、風水とか。信じるもよし信じないもよしだね。
心理学 最近、こういう趣味が流行っていると聞くんだけどよく分からない。
   
手仕事関係 手芸 コタツにあたりながら猫が脇にいて、手芸を楽しむ。何とも幸せそうなシーンじゃないですか。
ビーズ 細かい手作業が必要な趣味だから若い人向きかも知れない。
パッチワーク パッチワークの趣味にはまると古い生地が無性に欲しくなるものなんだ。江戸時代の生地とかが見つかると最高に嬉しくなる。家の中は生地を詰め込んだダンボールが山のようになって本物の愛好者のレベルになる。
アクセサリー これはビーズなどの趣味と共通するのだが、細かい手作業で何かを創り出すという趣味なんだ。
ネイルアート 自分の手や足の爪を磨いたり、いろんな色を付けたり、はたまた爪に何かの模様とか絵を描いてたのしむ。見た目も美しくなるから趣味と実益を兼ねているとも言えるかも。
   
その他の趣味一般 日曜大工 ちょっとした棚をつくったり、犬や猫の小屋を作ったり、いろんなところにペンキを塗ったりして楽しむ。そのうちに作るものが無くなってしまうのが辛いところなんだ。
盆栽 百年ものの盆栽をおじいさんの代から引き継いで楽しめる最高の趣味である。何しろそんなに広いスペースがなくても自然が楽しめるのが嬉しい。愛好会の活動も盛んだから発表の機会もとても多い。
ガーデニング 草花を楽しむのはもちろん楽しいのだが、無農薬の野菜作りなど実益も兼ねた楽しみ方もある。孫に喜ばれる趣味である。
写真 ちょっとした旅行でもあればすぐ写真を撮りたくなる。町内会のイベントでは記録係として重大任務を背負うことになる。結構期待される趣味である。
料理グルメ 定年退職すると、妻がたまにはご飯を作れと強要する時代、下手をすれば熟年離婚なんてことにも成りかねないと思うと料理の趣味ほど役立つものはない。ついでに自分作りの料理でグルメも楽しめるのだからいいとしなくては。。。